ナゴヤハウジングセンター
  • ホーム
  • 会場のご案内
    • 日進梅森会場
    • 春日井会場
    • 一宮会場
    • 半田会場
    • とよたハウジングガーデン
  • 住まいづくりの知識
    • 会場フル活用
    • 住まいの知識
  • ナゴヤハウジングセンターについて
    • ナゴヤハウジングセンター概要
    • 歴史
    • 事業概要
    • 会員紹介
Home > 住まいづくりの情報 > 住まいの小冊子Vol.3
  • 住まいの小冊子
  • 住まいの小冊子vol.1
  • 住まいの小冊子vol.2
  • 住まいの小冊子vol.3
  • 住まいの小冊子vol.4
  • ローンプラザの紹介
  • 住まいづくり相談会の紹介
  • 税務相談のQ&A
  • 資金相談のQ&A
  • 設計相談のQ&A

日進梅森会場

春日井会場

一宮会場

半田会場

とよたハウジングガーデン

住まいの無料相談会

ローンプラザ

住まいの小冊子プレゼント

携帯サイトスマートフォンサイトはこちら

住まいの設備メーカー


土地総合情報システム

人と自然に優しい住まいづくりとくらし力

この小冊子は、人と自然にやさしい住まいづくりとくらし方のガイドラインとして活用してもらうために作成されたものです。
いま、地球温暖化が大きな社会問題となっており、その抑制は人類にとって重要な課題です。各分野からいろいろな取組みが講じられていますが、私たちの生活を取り巻く住まいづくりとくらし方においても前向きに捉えていかなければなりません。
時給温暖化の原因はエネルギーを消費する段階で発生する温室効果ガス(主に二酸化炭素)といわれています。住まいにおいては、住宅を生産する段階と日々の暮らしの段階でエネルギーが消費されています。
したがって、可能な限りこれらの段階で消費されるエネルギーを削減するする努力が求められています。また住宅は多くの資源を使ってつくられています。資源を有効に利用するため、住宅を新築したりリフォームするときに使われる建材は、リサイクルされたものを使うなどの対応が大切になります。
また、冷暖房や照明などに使われるエネルギー削減を目指した省エネ性の高い住まいづくり、省資源に結びつく建材や建築工法の選択、末永く使用できる長寿命な住まいであるべきでしょう。これらに加えて、健康と安全が確保できる生活の工夫をしていきましょう。

CONTENTS

地球の温暖化
<省エネルギー>
省エネルギー
高気密・高断熱
次世代省エネルギー仕様
自然エネルギー
節電
設備機器類の選び方
住宅の環境評価
<省資源>
省資源
資源の有効利用
環境活動
節水

生活廃棄物対策
<長寿命>
長寿命
耐久性
更新生
耐震性
<健康・安全>
空気環境
ユニバーサルデザイン
防犯・防災
環境調和



発行/社団法人住宅生産団体連合会