ナゴヤハウジングセンター
  • ホーム
  • 会場のご案内
    • 日進梅森会場
    • 春日井会場
    • 一宮会場
    • 半田会場
    • とよたハウジングガーデン
  • 住まいづくりの知識
    • 会場フル活用
    • 住まいの知識
  • ナゴヤハウジングセンターについて
    • ナゴヤハウジングセンター概要
    • 歴史
    • 事業概要
    • 会員紹介
Home > 住まいづくりの情報 > 住まいの知識 -工法編-
  • 資金編
  • 敷地編
  • 日程編
  • 日程編

日進梅森会場

春日井会場

一宮会場

半田会場

とよたハウジングガーデン

住まいの無料相談会

ローンプラザ

住まいの小冊子プレゼント

携帯サイトスマートフォンサイトはこちら

住まいの設備メーカー


土地総合情報システム

住まいの知識 -工法編-

工法について

一戸建て住宅は、構造・工法により特徴があります。それぞれ一長一短があり、どれが一番いいということはいえません。代表的な工法を簡単にまとめましたので、建てたい家に向くのはどんな工法なのかご参考下さい。

木造軸組工法(在来工法)

木造軸組工法とは、日本の伝統的な住宅の工法で、基礎の上に木の土台を置き、柱や梁、筋交いで骨組みをつくります。この工法のメリットは、プランニングの自由度が高く、間取りやデザインに柔軟性がある点。近年では、接合部分などの加工を工場であらかじめ済ませ、現場では組み立てて補強金具を取り付けるだけという「プレカット材」を導入する企業が増え、以前のように建築現場で施工者が加工を行なうことが減ったため、品質に差が出にくくなっています。また、耐震性・気密性についても部材の進歩で向上してきました。

ツーバイフォー(枠組壁工法)

北米から輸入された工法で、在来工法が「軸」で構造を支えるのに対し、ツーバイフォーは、壁や床、天井などの「面」で支えるのが特徴。木材の枠に合板を貼った木製パネルで箱を作るようにして建てます。枠材の断面が2×4インチの部材を使用することからこの名前がつきました。面で支える構造なので一部に力が集中せず耐震性に優れ、耐火性や気密性・断熱性の高さにも定評があります。また、軸組工法のように自由に開口部がとれるというわけではありませんが、柱のない大きな空間などが比較的簡単にプランニングできるのも大きな特徴です。

プレハブ工法

プレハブとは事前作成を意味するプレ(Pre-)ファブリケイト(Fabricated)を縮めた造語で、プレハブ工法とは工場で部材を生産し、ある程度まで組み立ててから現場に運び、組み上げる工法の総称です。工場で量産されるため、品質や価格が安定しており、工期も短縮できるというメリットがあります。使う構造材によって木質系・鉄骨系・コンクリート系・ユニット系に分けられています。

★木質系プレハブ工法

木質系の多くは工場生産した木質パネルを現場で組み立てる方式。パネル方式や軸組方式、軸組パネル方式があり、現在ではパネル方式が主流となっています。原理的には2×4に近く、断熱性や気密性に優れ、短い工期ですみます。

★鉄骨系プレハブ工法

鉄骨系プレハブ工法は大きく分けると、木造の軸組工法を鉄骨に置き換えた軸組工法、鉄骨の枠材にブレースを組み込んだパネルを用いるパネル工法、軸組工法とパネル工法の長所を活かした併用工法の3つがあります。狂いが少なく火災にも強い鉄骨系住宅は、敷地への対応力が高いので間取りへの自由性があるのも特徴です。

★コンクリート系プレハブ工法

コンクリートパネルを工場生産し、木質系パネル工法と同じようにコンクリートパネルを現場で組み立てて床・壁・天井を造る工法です。遮音性・断熱性・気密性だけでなく、耐火性と耐久性には特に優れており、素材の特徴から他の工法に比べて法定耐用年数が長くなっています。ただし、コンクリートの重量が重いため地盤が弱い場合には、補強の必要が生じる場合があります。

★ユニット系プレハブ工法

建物を箱形のユニット(部屋)に分け、配管や配線・内装までほぼ工場で済ませ、現場でユニットを積み木のように組み立てていくのがユニット系プレハブ工法です。工場での生産率が高く、現場での工期を非常に短縮できるのが特徴。構造材によって木質系と鉄骨系に分けられます。また、ユニットの組み立てにクレーンを使うので道路や敷地に十分な余裕が必要となります。

鉄筋コンクリート(RC)工法

横揺れに強い鉄筋と圧縮に強いコンクリートを組み合わせ、より強度の高い構造としたのが鉄筋コンクリート工法です。構造としては鉄筋コンクリートの壁パネルを組み立てていく「壁構造」。柱と梁で力を支えるラーメン構造があります。素材の特徴から他の工法に比べて法定耐用年数が長いのですが、重量が大きくなるため通常他の工法に比べると、基礎工事に費用がかかるといわれています。